特色・保育指針

 本園は地域性を考慮した上で、幼稚園教育の基本方針に基づいた保育を行っております。
幼児の生活は“あそび”が中心です。つまり、あそび=勉強なのです。
ですから、その幼児のあそびの生活を大切にして、その中でひとりひとりの子どもが、人として十分に育っていくことの出来るようにと考えて本園では指導しております。

 

保育の特色

 一人ひとりに見られる個性や、さまざまな可能性を大切にし、一人ひとりが自己実現出来るように、発達に応じた援助と指導を行っております。

 子ども達は、登園すると、それぞれが自分のあそびを見つけて園生活を始めます。保育者(先生)は、子ども達のあそびを大切にしながら、その中で機会を捉え一人ひとりに、あるいは、グループ、組などに必要な指導を行っております。

 幼稚園全体の連携によるティームティーティング(ティーム保育)を行い、一人ひとりを多角的に受容し、きめ細やかな指導を行っております。そして、クラスの枠を外した「あそびの広場」「おはなし広場」「お茶体験」等を通して、いろいろな先生や他のクラス、異年齢の友だちとの交流を図り、コミュニケーションを深めて、社会性を育んでおります。

▲このページのトップに戻る